今昔ネタ帳

芸能・アイドル・ニュースなど様々なネタを発信中

『トイプードルのしつけ方。どのような子になって欲しいのですか?』へのコメント

  1. 齋藤正美 2015/06/08(月) 23:28:32

    二才10ヶ月になる男の子です。顔周辺をさわると凄い勢いでかんできます。最近異常です。

    • mosmos 2015/06/09(火) 23:30:35

      斎藤さん、
      記事を読んでくださりありがとうございます。

      ご質問の件ですが、僕の経験上からお答えさせて頂きますね。
      3点問題があるのではないかと考えます。

      [1] 噛んでいいものと悪いものの区別がついていない
      「顔周辺をさわると凄い勢いで噛む」とのことなので、
      恐らく手を噛まれるのですよね?

      その子には、「斎藤さんの手は噛んではいけないもの」という認識が薄いのではないでしょうか。
      ちなみに、普段はどうでしょう?
      甘噛みも含めて、手を噛むことをさせていませんか?

      上述した前提でのお話しになりますが、
      僕も、愛犬がまだ甘噛みだった頃、手をよくハムハムされていました。
      小さい頃は可愛らしいもんで、甘噛みを微笑んで見ていました。

      が、いざ成長してくると、甘噛みなんてレベルじゃないですよね。
      本気噛みされた時は、手が貫通するんじゃないかって思います。
      実際、血出るくらい噛まれましたし。。。

      それからは、「家族の手を噛んだらいけない」と教えこみました。
      色々試しては見ましたが、一番効果があったのは、
      「噛まれたら(もしくは噛みそうになってきたら)、その子にも同じような痛みを与えること」でした。

      決して誤解のないように、虐待という意味ではありませんので。
      その子が「キャン」と少し泣く程度でつねるレベルです。

      兄弟がいる犬どうしだと、そのようにして「ダメなこと」を教えるそうです。
      それを僕たち人間と犬で再現させることで、「ダメなこと」を教えるしつけ方です。

      とはいえ、可愛いペットに痛みで教えるのは、かなり心苦しかったです。。。

      長いことかけてやっと分かったのか、手を噛むことはほぼなくなりましたね。
      # 勢い余って噛まれそうな状態になることがあるので、「ほぼ」です。。。

      他に試したことも参考までに載せておきますね。
      ・手を噛まれても無視をする。噛むのをやめたら褒める。
      痛くて無視なんてできません。
      なので即ボツになりました。笑

      ・マズルを手で覆う
      超激怒!!噛みつかれそうになりました。
      なのでこれまた即ボツです。笑

      ・手に犬の嫌がる味を仕込んでおく
      我が家ではムヒを仕込んでみました。
      確かに、嫌がって噛もうとすることはないでしょう。
      ただ、タイミングを間違えると、「手 = 嫌なもの」になるので、おススメはしません。
      噛まれた時だけピンポイントで嫌がるものがあればいいのですが、
      そういうのって、香りの時点で犬は嫌がってしまうんですよね。。。

      [2] 手に対する警戒心が表にでてきた
      まず、上から頭越しに顔を触ることはしていませんか?
      「上からの手」は犬にとって警戒を与えます。

      僕らも頭や顔などを、でかい手が覆うようにくると警戒しますよね?
      それと同じです。

      小さい頃は抵抗しようがない(もしくは甘噛み返し程度)ので、
      僕らから見たら何ともなかったように見えますが、
      実は犬自身は警戒をしていたという話もチラホラ聞きます。

      その場合、「手は怖くないよ」と教えてあげます。
      この時一番いいのは、ご飯を手の平にのせて食べさせてあげることです。
      手はベロベロになりますが、手に対する警戒心はかなり減るはずです。

      [3] 普段からの触れ合い(マッサージ)が少ない
      恐らくこれは可能性が低いとは思いますが、
      普段からその子の身体を色々触っていますでしょうか?

      犬は本能的に、自分の身体を自由に触らせるのは、
      気を許した人やリーダーに対してのみ許します。

      顔をまだ嫌がっているのなら、胴体、手足など、
      別の部位から慣らしてあげていくとよいでしょう。

      長々となってしまいすみません。

      犬も人間と一緒で性格が個々で違うので、
      「これがベスト」という回答ができず申し訳ないです。

      ただ、もう2才10ヶ月とのことなので、
      その子は自我を持っているお年頃です。

      なので、しつけには非常に時間がかかると思いますが、
      ゆっくりと歩み寄ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す