エドはるみさんが実践した、お米食べるダイエット。

その効果は2週間で4.6kg減

白ご飯-001

実はこの方法、日本人に適したダイエット方法なのです。

エドはるみ、人生の正解TV 最新ダイエットSPに出演

人生の正解TV 最新ダイエットSP

エド・はるみ お米食べるダイエット

のコーナーで、2週間で4.6kgも減量したエドはるみさん

before
エドはるみ(ダイエット前)

after
エドはるみ(ダイエット後)

確かに、見た目スッキリしましたね。

でも、その前に、あなたは思いませんでしたか?

 

 

エドはるみ久しぶりや!! って (笑)

以前はうるさいほどだったのに。。。

エドはるみ-001

 

話がそれましたが、

ご飯を食べるだけで何故痩せたのでしょうか?

このメカニズムについてお話していきます。

 

今すぐやめよう炭水化物抜きダイエット

まず、よく言われる炭水化物抜きダイエットについてお話します。

ストップ-炭水化物抜きダイエット-001

そもそも、体重が増えるのは、過剰な摂取カロリーのためです。

摂取カロリーを少なくすれば体重は減る。

そのためにカロリーの高いご飯(炭水化物)を取らなければいい。

 

ごく自然な考え方ですね。

 

確かに、これは間違いではありません。

頑張れば一時的には体重が減り、

ダイエットに成功したと思えるでしょう。

 

しかし、長い目で見ると、

これは多くのリスクを伴うダイエット方法なのです。

 

炭水化物不足による身体への影響

炭水化物摂取から脂肪への変化過程を簡単にお話します。

 

[1] 炭水化物を摂取する。

[2] [1]で摂取された炭水化物は、消化されてブドウ糖に変化する。

[3] ブドウ糖はエネルギーを生み出す燃料であるが、
ブドウ糖が過剰に供給されると、過剰分が脂肪へと変化する。

 

このような流れです。

脂肪-001

ここで、[3]の脂肪を作らせないように、

[1] の炭水化物の摂取自体を減らせばいい。

というごく自然な発想につながるわけです。

 

これが「炭水化物抜きダイエット」の発端です。

 

さて、本題の「炭水化物が不足すると何が起きるのか」ですが、

それは、インスリンの分泌量が不足してしまうのです。

インスリン-001

インスリンとは、ホルモンの一種で、

血糖値を下げる役割を担っています。

 

つまり、炭水化物を摂取しないと、

血糖値を正常値に戻すことができず、高血糖状態になるのです。

 

血糖値の重要性

血糖値とは何か、まずはそこからお話ししましょう。

 

血糖値とは、血液内のブドウ糖の濃度を指します。

 

血糖値が高いと、ブドウ糖からの脂肪生成量も増えてしまい、

さらには、空腹・満腹のシグナルがうまく働かなくなります。

食欲の制御ができなくなるため、食べたのにお腹が膨れた感じがしないのです。

 

これこそが、炭水化物抜きダイエットの失敗の最大の要因なのです。

 

どれだけ頑張っても、食欲の制御が効かないため、空腹感が続きます。

この空腹感に耐えきれなった時、いつもより多めにご飯を食べてしまいます。

大量ごはん-001

そのご飯がおいしいのなんの (笑)

って、笑っている場合ではありませんよ。

 

その時、体内のインスリンは不足しており、

高血糖状態なので、脂肪の生成量が増加してしまいます。

 

ダイエット開始時よりも脂肪および体重が増えていて。。。挫折・・・orz

 

 

さらには、血糖値をコントロールできなくなるため、

肥満糖尿病につながる可能性もでてきます。

炭水化物を摂取しないことによって、このようなリスクが発生するのです。

 

また、炭水化物で十分にエネルギーを摂っておかないと

筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

 

エネルギーとして先に使われるのは、脂肪ではなく筋肉なのです。

ゲッソリ-001

筋肉が減れば、基礎代謝は下がり、

ますますカロリーを消費しにくい体になります。

つまり、「ためこみやすい体」になってしまいます。。

 

このような悪循環を断ち切るためには、

お米が必要不可欠なのです。

 

スポンサードリンク

日本人にはお米が不可欠

では、何故お米を食べることを勧めるのか、

それについてお話していきます。

お米-001

お米は炭水化物の塊です。

それは間違いありません。

 

ただし、お米の脂質含有率は、2%程と極めて少ないため、

燃焼率が抜群に高いです。

つまり、お米から摂取したエネルギーは消費しやすいということです。

 

また、日本人は欧米人に比べ、

インスリンの分泌率が50%~70%少ないと言われています。

 

何故かというと、日本人は古来より、

インスリンをあまり必要としない穀物中心の食生活を送ってきたためです。

 

逆にいえば、昔からお米を食べ慣れているため、

お米であれば少量のインスリンでも処理できる体質なのです。

お米-002

古来からの生活習慣に適応した結果ではありますが、

こういった意味でも、お米というのは、

日本人に適した食物なのです。

 

お米を最大限に活かすには、お米6:副菜4

カロリーを最も効率的に燃焼できる栄養バランスは以下の通りです。

 

炭水化物60%以上、

タンパク質15%、

脂質20%~25%

 

つまり、お米6割、副採4割が黄金比率となります。

簡単に言うと、日の丸弁当のイメージです。

日の丸弁当-001

日の丸弁当は「お米が無駄に多い」

というイメージですが、

実は、カロリー消費の黄金比率弁当なのです。

 

幕の内弁当は、副菜が多彩でバランスが多いと思われがちですが、

副菜が多い分、脂質の摂取量も増え、カロリーをうまく消費できないのです。

 

今後、お弁当を選ぶときは、お米の量ではなく、

お米と副菜の割合で選びましょう。

 

さらに、食べ方に一つ工夫することで、

美容効果もあるので、併せて行うと一石二鳥ですね。

 

その工夫とは、「噛む」ことです。詳しくは以下でお話ししているので、

よかったらご覧ください。

お米を噛んでキレイになる、そのメカニズムとは。

 

まとめ

・炭水化物抜きダイエットがよくない理由。

ご飯を食べないとインスリンが不足し、

血糖値を下げる(正常に戻す)ことができなくなります。

そのため、高血糖状態となり、脂肪生成量が逆に増加します。

 

・お米を勧める理由

お米はインスリン分泌量が少ない日本人でも処理できます。

お米で摂取したエネルギーは、抜群の燃焼率を持っています。

 

・最大限にカロリーを効率的に燃焼するには

お米6割:副菜4割の黄金比を意識してください。

 

これらのことより、

エドはるみはお米を食べることによって痩せることができたのです。

 

お米を控えて痩せようと思っているあなた、

ここは思い切って、お米を食べてダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

黄金比もキープできているのであれば、すぐに結果は見えてくることでしょう。

 

ただし、食べ過ぎると当然太るのでご注意ですよ (笑)

 

また、ダイエットで低脂肪牛乳を飲んでいる方いませんか?

そのような方には、以下のお話は必見です。

低脂肪牛乳はダイエット失敗のもと。

 

 

ではでは、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。