夜遅くまで起きていると、夜食を食べたくなりますよね。

でも、夜に食事すると太るってよく言われませんか?

ダイエット-夜食-太る理由

何故、夜に食事をすると太るのでしょうか?

実は、「夜食後には消費カロリーが少ないから」という理由ではないのです。

夜食の後に運動すれば大丈夫?

夜食をとった後に運動すれば大丈夫、とか

夜食をとった後時間をおいてから寝ればよい、とか思っていませんか?

 

実はこの認識は間違っているのです。

ダイエット-夜食-太る

とはいえ、この考え方を完全に否定するわけではありません。

 

摂取したカロリーを完全に消費することができるのであれば、

夜食しても太るということはないからです。

 

しかし、ここで着目して頂きたいのは、

夜食をとる時間帯、つまり22時から翌2時あたりは、

非常に脂肪を蓄積しやすい時間ということです。

 

キーワードは「BMAL1」(ビーマルワン)

BMAL1と急に言われても、

「何ぞそれ?」

と思われますよね。

 

BMAL1とは、「Brain and Muscle Arnt-Like protein-1」の略語です。

DNAに結合し、体内時計が正常に働くよう調節するタンパク質です。

ダイエット-夜食-太る理由-BMAL1

体内時計が働くおかげで、

睡眠や体温などは、一日刻みでリズムが生まれます。

 

また、体内時計の正常化以外にも、

BMAL1は、脂肪をため込む働きを持っています。

 

つまり、BMAL1が活発化していると、

脂肪分解が抑制されてしまうのです。

ダイエット-夜食-脂肪-分解-抑制

 

BMAL1は一日で増減する

BMAL1は、時間帯によって分泌量が異なります。

ダイエット-BMAL1-分泌量

一日において、BMAL1は上図のような変化が起きます。

22時から急増し、1~3時にピークをむかえます。

 

この時間帯は、BMAL1が活発化されているので、

非常に脂肪を蓄積しやすい時間帯であることが言えます。

ダイエット-太る-イメージ

逆に、14~15時辺りは、BMAL1が最も少ない時間帯です。

つまり、脂肪をため込みにくい時間帯ということになります。

 

こう考えると、15時のおやつってうまいことできてますよね!

嬉しい限りです (笑)

 

このように、同じ食事をした場合でも、

脂肪の生成量は時間帯によって変化するのです。

 

夕食は21時には済ませておくのがベストです。

 

仕事などの都合で夕食が遅くなりそうな場合、

夕方に軽食を食べておき、夕食の量は抑える、

といった工夫をして、脂肪の生成量を減らしましょう。

 

BMAL1を抑えるには

最も理想的なBMAL1の抑え方は、

規則正しく生活するということです。

 

BMAL1は、太陽の光を浴びることで抑制されると言われています。

平日に限らず、休日も早寝早起きなどの規則正しい生活をすることで、

ダイエットだけでなく、健康にもつながっていきます。

ダイエット-BMAL1-規則正しい生活

現状、BMAL1を抑えるようなサプリメントなどはありません。

なので、体内時計を正常化して、規則正しくすることが、

BMAL1を抑える唯一の方法なのです。

 

人間は個々でリズムが違うので、

自分にあったリズムの整え方を見つけるとよいでしょう。

 

ちなみに、僕の場合ですが、

睡眠時間は平日休日関わらず、

なるべく変化させないようにしています。

 

食事の時間はその日の予定次第で変わってしまうことが多いので、

体をリセットするための睡眠を重要視しています。

あくまで僕の場合ですが、何かの参考になれば幸いです。

 

[ad#middle]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「夜に食べると太りやすい」ことが理解できたことかと思います。

 

ただ、気をつけてほしいのは、

いくらBMAL1が抑制されている時間帯とはいえ、

食べすぎたらもちろん太ってしまいますので

 

夜食に手が伸びそうな場合は、

BMAL1がいるぞ!!ってことを思い出し、

我慢してみてください。

 

夜食の誘惑が非常に強いことは分かっていますけどね。

うまいんですよね、これが (笑)

[ad#bottom]

ではでは、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

 

日本人向けダイエット、「お米食べるダイエット」のメカニズム

香りで痩せる「アロマテラピーダイエット」のメカニズム