メイクってすごいですよね。

ここまで人ってかわるの?ってぐらい、

メイク前後では別人です。

リンパマッサージで顔を美しくする

メイクにこだわるのも重要ですが、

土台である素肌を整えることも考えてみませんか。

 

今回は、リンパマッサージで顔を美しくする方法についてお話します。

スポンサードリンク

リンパを流すことでどうなるのか

リンパの流れが滞ると、肌のトラブルが発生します。

このことは以前、当ブログでご紹介していますので、

そちらをご参照ください。

リンパの流れをよくして、むくみやたるみを改善。鍵となるのは鎖骨。

リンパを流すことの効果とは

 

リンパマッサージの種別

リンパマッサージを行うには、二つの方法があります。

 

  • リンパマッサージのプロに行ってもらう
  • 自分でセルフマッサージを行う

 

当たり前ですが、プロに行ってもらうとお金もかかりますし、

安い金額ではありません。

 

1回1万円ぐらいは余裕で超えてしまいます。

その代わり、色んな部分のリンパを余すことなく流してくれますが。

プロのリンパマッサージは高い

リンパマッサージは、毎日行うことで効果を実感できるため、

お金に余裕のある人は、プロに行ってもらうことがいいと思います。

 

ただ、そんな毎日通える程のお金を持っている人なんて、

そうそういませんよね?

もしあなたがそうなら、僕は嫉妬しますよ (笑)

 

そこで僕がお勧めするのは、自分でリンパマッサージを行うことです。

 

リンパマッサージの必需品

セルフリンパマッサージ

リンパマッサージを行うには、以下の4つが必要です。

 

  • リンパマッサージの知識
  • 乳液
  • 毎日行うための意力

 

リンパマッサージの知識は、この記事でお伝えしますのでご安心を。

 

鏡と乳液は、僕はあげれないので、ご用意お願いします。

乳液は基本的に何でもいいですよ。

 

毎日行うための意力、これが最も大事ですが、

僕は応援することしかできません。

あなた自身で意力を高めてください。

リンパマッサージの意力を高める

目標を持つと意力が高まるので、

あなたの理想とする顔を、

目につくところに貼っておくといい刺激になると思いますよ。

リンパマッサージを行う場所

まず、体の主なリンパ節は以下の通りです。

浅頸リンパ節をマッサージ

厳密にはもっとありますが、今回覚えるのは赤枠の部分、

浅頸リンパ節の位置だけを覚えてもらえればいいです。

この部分が顔のむくみなどを改善する上で最も重要な場所です。

 

浅頸リンパ節から首を伝い、鎖骨に向けてリンパが流れています。

この部分のリンパが滞っている方は非常に多く

うまく流してやることで、むくみ、たるみ、ほうれい線を改善できます。

 

セルフリンパマッサージの方法

以下の手順で行うことで、

顔のリンパを流してやることができます。

 

  • 乳液を手になじませる。
  • 小鼻の横辺りから、頬全体を指先でなでるように浅頸リンパまで動かす。
  • あごの裏の奥まったところ(浅頸リンパ付近)もなでる。
  • 首の横側を通して鎖骨へと動かす。

 

たったこれだけです。

 

えっ、これだけ!!?

と思うかもしれませんが、これだけでいいんです。

この動作だけで、リンパは流れます。

顔のリンパマッサージはこれだけでよい

回数は特に指定はありません。

最低、左右1回ずつ行えば効果はあります。

 

注意として、早く動かさないでくださいね。

ゆっくりなでるようにして行うことがポイントです。

 

リンパマッサージのなでる強さ

リンパは肌の表面近くを流れているため、

力はいれなくて大丈夫です。

むしろ、力をいれると摩擦でかえって肌を傷つけます。

リンパマッサージ強すぎて傷つけた

目安として、なでるだけで痛気持ちいいのであれば、

リンパが滞っている証拠だと考えてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

顔のリンパマッサージは、

ほんの少しの時間さえあれば簡単にできます

 

そして、リンパを流す上で重要なことは、

毎日行うことです。

 

毎日行うことです。

 

重要なことなので、2回言いました

・・・もうこれは古いですね (笑)

 

肌の調子がよくなれば、自信にもつながりますし、

自分を好きになれるので試してみてはいかがでしょうか。

絶対に損することはないはずです!!

 

足のむくみをとりたい、細くしたいという方は、
コチラも合わせて見てみてください。

足のリンパを改善するマッサージの詳細を見る

スポンサードリンク