現在はタレントの武井壮さん。

昔は十種競技の元日本チャンピオンでした。

(1997年の日本選手権の覇者です。)

武井壮-十種競技

十種競技の種目と武井壮さんの記録についてまとめてみました。

スポンサードリンク

キングオブアスリート、十種競技

十種競技とは、その名の通り、十種目の競技を行い、

各々の記録を点数化して争う競技です。

別名、デカスロンとも呼ばれます。

 

十種競技の内容は、以下の通りです。

 

  • 100m
  • 400m
  • 1500m
  • 110mH
  • 走幅跳
  • 走高跳
  • 棒高跳
  • 砲丸投
  • 円盤投
  • やり投

 

これらの競技を2日間で行うのですから、もはや超人の域です。

この競技の勝者はキングオブアスリートと称えられるほどです。

デカスロン

短距離、中距離、長距離、跳躍、投擲、

それぞれ異なった身体能力が必要となりますし、

すべて一流の結果を出さなければ得点にならない過酷な競技です。

 

僕の友人が十種競技を行っていましたが、

えらい辛いって言ってました。

どれかだけならまだしも、すべてを極めるのはきついと。。。

武井壮-デカスロン-努力

このような競技で、日本チャンピオンになった武井壮さんは、

恐らくあなたが思っている以上に凄い人なんです。

(凄さを分かっている人はごめんなさい。)

 

十種競技のスケジュール

十種競技は基本的には、

いつ何の種目を行うかが決められているのです。

 

  • 1日目:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m
  • 2日目:110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m

 

このように分けられているとはいえ、

一日5種目をこなさなければならないのです。

そりゃ辛いわけですよ。

 

では、各種目の武井壮さんの記録についてお話ししていきますね。

 

スポンサードリンク

世界・日本記録との比較

一般の方には、記録だけをお話ししても、

凄さが分かりにくいと思います。

なので、各種目の現在の日本記録と世界記録とで比較してみましょう。

種目 武井壮 日本記録 世界記録
100m 10.54 10.00 9.58
400m 48.09 44.78 43.18
1500m 4:30.93 3:37.42 3:26.00
110mH 14.74 13.39 12.80
走幅跳 7m16 8m17 8m95
走高跳 1m90 2m28 2m45
棒高跳 4m50 5m83 6m14
砲丸投 11m77 18m07 23m12
円盤投 35m98 60m22 74m08
やり投 44m50 87m60 98m48

・・・逆に見劣りしてしまいましたかね (汗)

 

注目すべきところに絞ってお話しを進めていきます。

 

100mは未だに破られていない記録

武井壮さんの100mの記録は、

十種競技において未だに破られていません

 

武井壮さんは、大学時代から陸上を始め、

たったの2年半で十種競技のチャンピオンに輝きました。

武井壮-十種競技-記録

しかも、驚くことに、最初やっていたのは短距離。

半端じゃない努力をしたと思いますが、

ポテンシャルが高すぎますね。

 

短距離をやる中で、「走る」技術をモノにしたのでしょう。

その結果、400m、110mHの結果も良好です。

走幅跳も、助走のスピードあっての記録だと考えられます。

 

2013世界マスターズ陸上で100m、200m、走幅跳を選んだのも、

こういった背景があったからこそだと思います。

 

2013世界マスターズ陸上の結果は以下にまとめてあります。

よろしければご参照ください。

武井壮、世界マスターズ陸上の結果まとめ。

 

スピード以外の要素に弱い

「短距離が得意 = 高い疾走速度を持っている」ということになります。

つまり、100m、400m、110mH、走幅跳においては、

スピードが重要な要素なので、良好な記録を出しています。

 

しかし、その他の種目が若干弱いですね。

 

特に投擲系が苦手なようです。

これは、投擲にはスピードよりも技術が必要だからです。

武井壮-十種競技-苦手

投擲をやっておられた方は分かると思いますが、

投擲は体の使い方がキーとなります。

 

僕自身、円盤投ややり投をやったことありますが、難しいです。

この技術は、ちょっとの期間で身に付くようなものではありません。

 

つまり、武井壮さんは、身体能力を武器

十種競技の日本チャンピオンを獲得したということになります。

・・・それでもすごいな!! (笑)

武井壮-十種競技-記録-驚愕-身体能力

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

十種競技をやりぬくためには、相当な体力が必要となります。

この点を踏まえると、武井壮さんはやはりすごいです。

口だけではないことが実績から分かります。

 

百獣の王になれるかは微妙ですけどね (笑)

武井壮-百獣の王

今後も新たな競技への参加を考えているようなので、

武井壮さんのこれからの進化に期待ですね。

 

ではでは、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサードリンク