新着記事

[1週間で89%の方がコロコロ便秘解消]干し柿オリーブオイルの作り方&食べ方【ジョブチューン】

お通じの回数はまだあるけれども、『硬く小さい丸型のコロコロの便しか出ない』ことは ...

[世界一受けたい授業]はちみつ牛乳で便秘解消。お腹が張る便秘を5日間で改善した飲み物の作り方と飲み方。

多くの日本人女性が悩まされている便秘ですが、便秘になるとお腹が張るのでとても苦し ...

[世界一受けたい授業]肩こりを30秒で解消する骨ストレッチのやり方【動画あり】

日本人の70%以上の方が経験していると言われている『肩こり』。 今では『肩こりは ...

[ジョブチューン]きなこヨーグルトで便秘解消。1週間で1日1回のお通じが来るようになった食べ物。

日本人女性の70%以上の方が悩まされている『便秘』 トイレ行った後もスッキリしな ...

[世界一受けたい授業]シソが持つ9つの効果。鼻炎アレルギー以外にも効くシソのレシピ。

今年の花粉の猛威はまだまだおさまる気配がありませんが、少しでも鼻の症状をおさえた ...

[世界一受けたい授業]はちみつ牛乳で便秘解消。お腹が張る便秘を5日間で改善した飲み物の作り方と飲み方。

2018年4月5日

多くの日本人女性が悩まされている便秘ですが、便秘になるとお腹が張るのでとても苦しいですよね。

便秘でお腹が張ることで、

  • 下っ腹が出てみっともないスタイルに見える
  • ズボンのウエストがきつくて苦しい
  • あまり食べていないのに食欲が湧かない
  • 体も重くて何事にも集中できない

などなど、様々なことに支障が出ているのではないでしょうか。

そんな『便秘でお腹が張る苦しみに悩まされているあなた』に、世界一受けたい授業で紹介された『お腹が張る便秘を解消する”はちみつ牛乳”』をご紹介します。

番組内では、慢性的な便秘で下っ腹がポッコリ出ていたというタレントの鈴木奈々さんが、5日間はちみつ牛乳を飲むことで、便秘が解消して下っ腹をへこますことに成功できたと紹介されていました。

はちみつ牛乳は作り方もシンプルなので、是非お試ししてみてくださいね。

世界一受けたい授業で紹介:お腹が張る便秘を解消する『はちみつ牛乳』の作り方と飲み方

(画像引用元:cannadish.net)

早速ですが、世界一受けたい授業で紹介された、お墓が張る便秘を解消する効果がある『はちみつ牛乳』の作り方をご紹介します。

準備するものは以下の2つ。

  • 牛乳(150ml)
  • はちみつ(スプーン1杯分)

これらを揃えたら以下のステップではちみつ牛乳を作っていきましょう。


Step1
牛乳150mlを耐熱容器に入れる。

Step2
牛乳をレンジで50℃~60℃に温める。

目安時間は500Wで1分程度です。
あくまで目安のため、何回か試してみて調整してください。

Step3
スプーン1杯分のはちみつを入れる。

Step4
ゆっくりかき回してはちみつが溶けたら完成。


上記のステップで作るはちみつ牛乳は、朝の寝起きの一杯として飲みましょう。

その理由は、副交感神経を活発にさせることで腸の動きを活性化してくれるからです。

朝一番は胃腸の中が空になっているため、はちみつ牛乳で効果的に腸を活発化させることができるタイミングというわけ。

つまり、朝起きた後にはちみつ牛乳を作って飲むことを続ければ、お腹が張る便秘の解消が期待できるということです。

お手軽に作れるので、毎日はちみつ牛乳を作るとしても手間は少ないですね。

ですが、はちみつ牛乳を大量に飲んだからといって、その分便秘解消効果が高くなるわけではないので、適量を守って飲むようにしてください。

では続いて、はちみつ牛乳がお腹の張る便秘の解消に効果がある理由について見ていきましょう。

スポンサードリンク

はちみつ牛乳を飲むとお腹が張る便秘が解消できる理由:お腹に溜まったガスを取り除き、ガスの発生を抑制する

(画像引用元:dietplus.jp)

便秘でお腹が張るのは、腸内で大量のガスが発生して溜まってしまうからです。

ではそもそも、何故、腸にガスが溜まるのでしょうか。

その理由は2つあります。

  • 食べ物が腸で分解される時、腸内細菌が働くことでガスが発生する
  • 食事の時に一緒に飲みこんでしまう空気が腸に溜まってガスが発生する

これらは体の通常の働きであるため、便秘ではない健康的な人であっても、腸内で1日平均500ml~2L程度のガスが発生します。

通常、この程度の量のガスであれば排出されます。

しかし、腸内環境が悪いと、ガスが外に排出されにくいのに加え、腸内で発生するガスの量も増えてしまうのです。

多い人だと、1日に発生するガスの量が50Lにものぼると言われています。

このことから、便秘ではない人に比べて腸内に発生するガスの量が圧倒的に多いことが分かります。

つまり、腸内のガスが出ていく量より作られる量の方が多いため、ガスが溜まり、お腹が張るということですね。

そうであれば、

  • 腸内で発生するガスの量を減らす
  • 腸内のガスを排出されやすくする

これらのことができれば、お腹の張りは自ずと解消されるということ。

はちみつ牛乳は上記のような効果を期待できるため注目されたわけです。

はちみつ牛乳は腸内環境を整えるために効果の高い飲み物

(画像引用元:oishiimono.net)

お腹の張る便秘を解消する上記の2つの効果を得るためには、

  • 腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす
  • 腸のぜん動運動を活発化させる

これらの2つが重要になります。

前者を満たすことで『腸内に発生するガスの量を抑制する』ことができ、後者を満たすことで『腸内のガスを排出しやすくする』ことができるからです。

『はちみつ牛乳』はその名の通り、『はちみつ』と『牛乳』の2つから成っているので、それぞれの効果を見ていきましょう。

はちみつ

はちみつには、

  • オリゴ糖
  • グルコン酸
  • トリプトファン

といった成分が含まれています。

『オリゴ糖』は便秘解消の成分としても有名で、『善玉菌を増やすためのエサ』になるので、善玉菌を増やす効果があります。

また、『グルコン酸』も善玉菌を増やすために一役買ってくれます。

さらに、『トリプトファン』は副交感神経を活発化させる作用があるため、腸のぜん動運動を促進することができます。

加えて、はちみつは水分を保持する作用を持っており、便を柔らかくしてお通じも改善することができるので、便秘解消には最適な食材の一つなのです。

牛乳

牛乳には、

  • オリゴ糖
  • ラクトース

といった成分が含まれています。

『オリゴ糖』は、先に話したはちみつにも含まれており、善玉菌を増やす効果があります。

また、『ラクトース』は、善玉菌を増やして、かつ、腸のぜん動運動を促進する効果があります。

つまり、はちみつ、牛乳それぞれに腸内環境を整える成分が含まれているため、ガスの生成を抑制し、ガスの排出を促す高い効果が見込めるということです。

世界一受けたい授業でモニターとなった鈴木奈々さんは、はちみつ牛乳を飲み始めてから2日目あたりからお腹の張りが軽減されて、お通じもよくなってきたと実感したほどの効果があったようです。

スポンサードリンク

はちみつ牛乳の便秘解消効果をさらに高める4つの方法

(画像引用元:refonavi.com)

はちみつ牛乳を飲むことだけでも便秘解消効果が期待できるのですが、ここでは更なる工夫を加えて、より高い便秘解消効果を得る方法をご紹介します。

その方法とは、

  • うつ伏せになってゴロゴロする
  • はちみつ牛乳にきなこを加える
  • はちみつ牛乳にオリーブオイルを加える
  • マヌカハニーを使う

になります。

それぞれ簡単に見ていきましょう。

お腹が張る便秘を解消する方法:うつ伏せでゴロゴロする

(画像引用元:karada-ma-moru.com)

はちみつ牛乳を飲むことで内側からのアプローチをかけるのですが、外からのアプローチも加えることでより高い便秘解消効果が見込めます。

以下のステップによって、外からアプローチをかけることができます。


Step1

うつ伏せになって寝転ぶ

Step2

右側に半回転ころがる

Step3

左側に半回転ころがる

Step4

Step2~Step3を繰り返す


何回行わなければいけないという決まりもなく、ゴロゴロするだけの簡単な方法です。

腸内に溜まるガスは空気より軽いため、腸内でも上にのぼっていきます。

うつぶせになるとお尻が上向きになるので、おならとしてガスを排出できるということです。

ゴロゴロすると腸にも刺激を与えることができるので、よりガスが排出しやすくなります。

また、これは基本的にいつ行っても効果はありますが、最も効果的なのは就寝前

22時~2時の寝ている時間に腸が活発に動くので、その前にこの体操をしてみてくださいね。

お腹が張る便秘を解消する方法:はちみつ牛乳にきなこを加える

(画像引用元:issue247.com)

きなこには『オリゴ糖』と『食物繊維』が多く含まれています。

オリゴ糖はここまでにお話ししたように、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

また、食物繊維も便秘解消の効果があるとして有名ですね。

きなこの便秘解消効果は、ジョブチューンでも特集が組まれたことがあるほど注目されている食材です。

ジョブチューンで紹介されたきなこの便秘解消効果はコチラで紹介しているので、是非読んでみてください。

お腹が張る便秘を解消する方法:はちみつ牛乳にオリーブオイルを加える

(画像引用元:newfoodmagazine.com)

はちみつ牛乳にオリーブオイルを加えると、便秘解消効果を高めることができます。

オリーブオイルには『オレイン酸』が多く含まれているため、腸のぜん動運動を活発化する効果が期待できます。

さらに、オリーブオイルが便をコーティングしてくれるため、腸内を滞ることなく流れるようになります。

いわば、『潤滑油』のような役目をしてくれるわけです。

オリーブオイルの味に抵抗がないのであれば、はちみつ牛乳に大さじ1杯程度のオリーブオイルを加えて飲んでみてくださいね。

また、オリーブオイルを干し柿にかけて食べることでも便秘解消の効果があります

↓詳しくはコチラ↓

お腹が張る便秘を解消する方法:マヌカハニーを使う

(画像引用元:ufugaji.com)

あなたが酷い便秘でお腹の張りもきついと感じているのであれば、一般的なはちみつではなくマヌカハニーを使用することをおススメします。

マヌカハニーはニュージーランドでしか摂れないはちみつであり、一般的なはちみつよりも8倍以上の脳抗菌活性力を持っているハイグレードなはちみつだからです。

抗菌活性力が高いということは、腸の中にある悪玉菌(大腸菌やピロリ菌、サルモネラ菌など)の働きを抑制します。

つまり、腸内でガスが発生するのを抑制してくれる効果が高いのです。

はちみつと比べると味にややクセがありますが、マヌカハニーの方が便秘解消効果は高いので、頑固な便秘と感じているのであれば一度検討してみてください。

↓詳しくはコチラ↓

マヌカハニー専門店【BeeMe】の詳細を見る

スポンサードリンク

まとめ

(画像引用元:bursahayat.com.tr)

では、最後に今回の話をまとめます。


お腹の張る便秘を解消するはちみつ牛乳の作り方と飲み方

50℃~60℃に温めた牛乳150mlに、スプーン1杯程度のはちみつを溶かしたものを起床後に飲む

お腹が張る便秘の原因

便秘によって腸内環境が悪化して、腸内にガスが溜まってしまうためお腹が張ってしまう

腸内のガスを減らす方法

  • 腸内環境を良くしてガスの発生を抑える
  • 腸のぜん動運動を活発にしてガスの排出を促す

上記の効果を得られるのが『はちみつ牛乳』

はちみつ牛乳でもお腹の張りや便秘が改善されない場合の工夫

  • うつ伏せになってゴロゴロする
  • はちみつ牛乳にきなこを加える
  • はちみつ牛乳にオリーブオイルを加える
  • マヌカハニーを使う

便秘のたびにお腹が張るようでは、下っ腹がポッコリ出てみっともないスタイルになってしまったり、お気に入りのズボンを履くのが辛かったりと、何より苦しいですよね。

腸の中にガスが溜まっていると、お腹が張るだけでなく、最悪の場合は腸に穴が開いてしまうこともあります。

はちみつ牛乳を飲んだ直後にお腹の張りが解消されるわけではありませんが、継続して飲むことで今よりも必ず良い方向に進むので、便秘解消の一つの方法として検討してみてください。

↓↓こちらの記事もおススメです↓↓

ジョブチューンで紹介された便秘を解消する『きなこヨーグルト』

コロコロの便しか出ない時の便秘を解消する『干し柿オリーブオイル』