[吉岡里帆のダイエット]6kg痩せることに成功した3つのポイント

2018年2月6日

  • 吉岡里帆さんはどんなダイエットをしているのだろう?
  • 吉岡里帆さんはスタイルもいいし羨ましいなぁ。
  • 吉岡里帆さんのようなボディを手に入れたい。

そんな『吉岡里帆さんのダイエット方法を知りたいあなた』にお答えします。

吉岡里帆さんのダイエット:3つのポイント

(画像引用元:pinterest)

人気急上昇中の吉岡里帆さん。
ドラマや映画だけの活躍だけでなく、そのスタイルの美しさからグラビアもされており、男女ともに人気の高い女優さんです。

吉岡里帆さんの身長は158cmと至って標準ですが、女性なら誰もが憧れるスタイルではないでしょうか?

そんな吉岡里帆さんが、スタイルを維持するために行っているダイエットについてご紹介していきますね。

吉岡里帆さんは、次の3つのポイントを意識しながらダイエットに取り組んでいるそうです。

  • フルーツを主体とした食事をとる
  • たくさんの野菜を入れたお味噌汁を食べる
  • タンポポ茶を飲む

では、それぞれについて見ていきましょう。

吉岡里帆さんのダイエット:フルーツを主体とした食事

吉岡理穂さんは、ダイエット中、フルーツを主体とした食事をとるようにしているらしいです。

フルーツの中でも『りんご』をメインにしているみたいなので、かなり昔に流行った『りんごダイエット』を行っているということですね。

リンゴがダイエットにつながる効果として、

  • 便秘解消の促進
  • 糖や脂肪の吸収を抑制
  • 少ないカロリーでも十分な満腹感

といったことが期待できるため、ダイエットに適した果物と言われています。

便秘解消の促進

リンゴに含まれる不溶性食物繊維には、腸のぜん動運動を活発化させて、便秘を解消する効果が期待できます。

口から食べたものが食道・胃を通って腸まで運ばれると、腸のぜん動運動によって腸の奥へと進み、やがて体外に排出されます。

つまり、腸のぜん動運動を活発化させることで、食べたものをスムーズに体外へと排出できるようになるため、便秘解消へとつながるというわけですね。

糖や脂肪の吸収を抑制

リンゴに含まれる水溶性食物繊維には、糖や脂肪が体内に吸収されるのを抑制する働きがあります。

基本的には、必要以上の糖や脂肪を摂ってしまうことが余分な贅肉を作る原因になり、肥満になってしまいます。

糖や脂肪が体内に吸収されにくくなれば、太りにくい体になると言えるでしょう。

また、りんごポリフェノールには、脂肪分解酵素『リパーゼ』の働きを抑制する効果も持っています。

腸内でリパーゼが活発に働くと、脂肪を分解して吸収しやすくしてしまうのです。
そのリパーゼを抑制するのですから、脂肪を吸収しにくく太りにくい体にするには、りんごはうってつけの果物ということですね。

少ないカロリーでも十分な満腹感

あなたもりんごを食べたときに感じたことがあると思いますが、りんごを食べると思ったよりも満腹感を感じます。

その理由は、りんごに含まれる不溶性食物繊維が胃や腸の中で水分を吸収し膨らむからです。

さらに、りんごはそこそこ硬く、咀嚼する回数も自然と増えます。
その結果、満腹中枢も刺激されるため、満腹感を得られるのです。

また、りんご100gあたりのカロリーはおおよそ54kcalです。
標準的な大きさのりんごは約300g程度なので、1個あたり150kcalほど。

ご飯一杯分(約140g)で約235kcalあるので、りんごのカロリーはかなり低いことが分かりますね。

りんごダイエットの方法は後述しますが、1食分をりんご1個に置き換えることになるので、摂取カロリーは大幅に少なくなります。

ダイエット以外に期待できる効果

また、ダイエット以外の効果として、

  • 血液がサラサラになる
  • コレステロール値が下がる
  • 血圧が下がる
  • 心臓病などの予防

といったことが期待できます。

一日一個のリンゴで医者いらず

このようなことわざがあるくらいに、リンゴは体によいと言われているフルーツなのです。

リンゴダイエットの効果的な方法

(画像引用元:irodoriseikatu.com)

りんごダイエットのやり方はシンプルで、『1日1食をりんご1~2個に置き換える』だけです。

となると、りんごに置き換える1食は、朝食なのか、昼食なのか、夕食なのか、どれにするかが悩むところ。
一般的には、朝食もしくは夕食を置き換えることが多いですが、どちらに置き換えてもダイエット効果は期待できます。

ですので、あなたのご都合に合わせてやりやすい方をりんごに置き換えてくださいね。

参考として、朝食・夕食をりんごに置き換える場合のメリット/デメリットについてお話ししていきます。

朝食をりんごに置き換えてダイエットする場合のメリット/デメリット

メリット
普段の朝食と比べると変化する食事量の差が少ないため、今の生活に大きな変化を感じることなく取り組める。

デメリット
摂取カロリーの減少分が少なくなるため、長期的な目で見ないとダイエット効果を得られない。

夕食をりんごに置き換えてダイエットする場合のメリット/デメリット

メリット
普段の夕食と比べると摂取カロリーが大きく減少するため、短期間でダイエット効果を実感できる。

デメリット
置き換え終了後、反動で普段の夕食を食べ過ぎるがちになる。
そのため、リバウンドしやすい。

個人的には『朝食をりんごに置き換える』のがおすすめです。

その理由は、夕食をりんごに置き換える方が挫折しやすいからです。

りんごが満腹感を得やすいとはいえ、食べることに対しての楽しみは激減しますし、生活するうえで最低限必要な栄養素も不足する場合があります。

ダイエット効果をすぐに実感することはできませんが、安全に、かつ、負担も少なくダイエットするには、朝食を置き換える方がいいと思います。

ただ、夕食が遅い時間になってしまう場合は、その日は夕食をりんごに置き換えるなど、臨機応変に対応しましょう。

りんごダイエットの注意点

(画像引用元:pakutaso.com)

リンゴダイエットの注意点としては2つ。

1つめは、皮がついたままのリンゴを生で食べるようにしてください。

リンゴの皮にはリンゴポリフェノールや食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているので、皮ごと食べないとここまで挙げた効果を得にくくなります。

2つめは、置き換えた1食以外の食事で栄養をしっかりと摂るようにしてください。

1食をりんごのみにするため、栄養は偏ります。
特に、タンパク質と脂質が不足してしまうので、これらの栄養素を他の食事で摂るように意識してください。

また、同じくフルーツのダイエットとして有名なものに、『バナナダイエット』があります。

これは、深田恭子さんが3ヶ月で12kgもキレイに痩せたときに行っていたダイエット方法の一つです。

コチラでお話ししているので、参考にしてみてください。

リンゴダイエットのまとめ

(画像引用元:macaro-ni.jp)

少し長くなったのでここまでの情報をまとめます。

りんごのダイエット効果

  • 便秘解消の促進
  • 糖や脂肪の吸収を抑制
  • 少ないカロリーでも十分な満腹感

りんごダイエットの方法

普段の朝食をりんご1~2個に置き換える。
その際、りんごは皮つきで生のまま食べる。

りんごダイエットの注意点

昼食、夕食で栄養バランスを整える。
特に、タンパク質・脂質は意識して摂るようにする。

話題沸騰中!食べても罪悪感のないスイーツ登場♪

スポンサードリンク

吉岡里帆さんのダイエット:たくさんの野菜を入れたお味噌汁を食べる

(画像引用元:coregano.me)

吉岡理穂さんはダイエットのために、たくさんの野菜を入れた味噌汁を食べているようです。

味噌汁といえば日本人に馴染み深い食事ですが、ダイエットに効果的な食品としても注目されています。

味噌汁がダイエットにつながる効果として、

  • 便秘解消の促進
  • 脂肪燃焼の促進
  • コレステロールの除去や脂肪の吸収の抑制

といったことが挙げられます。

便秘解消の促進

味噌の主原料である大豆には、『大豆ペプチド』という成分があります。
大豆ペプチドには腸内環境を整える効果が期待されるため、便秘解消につながるというわけです。

脂肪燃焼の促進

大豆には『植物性タンパク質』が多く含まれています。
植物性タンパク質には脂肪燃焼を促進する物質『ロイシン』や『イソロイシン』が含まれているため、このような効果が期待できます。

コレステロールの除去や脂肪の吸収の抑制

味噌には『大豆サポニン』という物質が含まれています。
大豆サポニンには、コレステロールの除去や、脂肪の吸収を抑える働きがあると言われており、ダイエットに有用な栄養素の1つです。

ダイエット以外に期待できる効果

また、ダイエット以外の効果として、

  • 冷え性改善
  • 血流促進

といったことが期待できます。

女性に多い冷え性ですが、『冷え性は万病の元』とも言われているので、あなたの体を健康に保つためにも、味噌汁は積極的に食べるようにしてみましょう。

味噌汁ダイエットの効果的な方法

(画像引用元:tg-uchi.jp)

味噌汁ダイエットの方法も実にシンプルで、『朝食か夕食の食事に味噌汁を飲む』だけです。

どちらでも味噌汁ダイエットとしての効果はあるのですが、どちらかといえば朝食に味噌汁を取り入れるようにしてください。

なぜなら、朝食として味噌汁を飲むことで1日の消費カロリーが高くなり、痩せやすくなるからです。

朝食を食べることで、副交感神経優位だった状態が交感神経優位に切り替わります。
自律神経が切り替わるタイミングはカロリーの消費が高い時間帯なので、正常に切り替わりが行われてほしいところ。

味噌には『自律神経の正常化を促す』効果があると言われているため、朝食に味噌汁を飲んで自律神経の切り替えをスムーズに行い、消費カロリーを増やすという流れを作ります。

また、普段の食生活で味噌汁を飲まない方々を対象に、以下のような実験をしたというデータがあります。

8日間、味噌汁300mlを朝食に飲んでもらう。

その結果、平均して1.4kgの体重減少が見られたそうです。

こういったこともあり、味噌汁を朝食に飲むことは高いダイエット効果が期待できると考えられています。

一言に『味噌』と言っても、味噌には種類がありますよね。

味噌を大別すると、『赤味噌』、『白味噌』、『合わせ味噌』の3種類に分かれますが、味噌汁ダイエットにおいてはどの味噌を選んでも問題ありません。

ですが、あえて甲乙つけるとしたら『赤味噌』の方が味噌汁ダイエットには適しています。

その理由は、赤味噌は『メラノイジン』という成分が多く含まれているからです。

メラノイジンは、腸内環境を整える効果があると言われており、便秘の解消が期待できます。

さらに、優れた抗酸化作用を持っているため、アンチエイジングや体の免疫力の向上に効果があるとされています。

つまり、赤味噌の味噌汁を食べることで体のデトックスが見込まれるということですね。

では、白味噌はどうなのかと言うと、『ギャバ』という栄養素を多く含んでいるため、空腹感を抑える効果があると言われています。
(白味噌のギャバの量は赤味噌の約3倍程度です)

そのため、空腹感に耐える自信がない場合は白味噌を選んでもよいでしょう。

とはいうものの、どの味噌でもダイエットの効果自体は期待できるため、あなたの好みの味噌汁で大丈夫です。

味噌汁ダイエットの効果を加速させる具材

(画像引用元:yamato-soysauce-miso.co.jp)

味噌汁といえばたくさんの具材がありますよね。
地域や時期によってその具材は様々。

その中でも、ダイエット効果を高める具材について紹介していきます。

  • 豆腐
  • 玉ねぎ
  • 長ねぎ
  • しじみ

それぞれ見ていきましょう。

豆腐

味噌汁には必ずと言っていいほど入っている豆腐。
味噌汁の定番ですね。

豆腐のダイエット効果として、

  • 代謝を高める
  • 脂肪をためにくくする
  • 糖質の吸収を抑制する

といった効果が期待できます。

糖質の吸収を抑制するため、白米を食べるときの味噌汁には是非豆腐を入れましょう。

ちなみに、白米を食べることでダイエットするという方法もあります。
今や懐かしきエドはるみさんが『2週間で4.6kg痩せることができた方法』です。
参考までにどうぞ。

玉ねぎ

玉ねぎも味噌汁には定番の具材ですね。

玉ねぎの皮に含まれる『ケルセチン』。
この成分はポリフェノールの一種であり、脂肪の吸収を抑制する効果があります。

さらに、『硫化アリル』も含まれているため、血液の巡りがよくなり代謝の向上も見込まれます。

血流がよくなるので、あなたが『冷え性』も気にしているのであれば、玉ねぎを味噌汁に入れるようにしましょう。

長ねぎ

長ねぎに含まれる『アリシン』には、ビタミンB1による脂肪燃焼を促進する効果があると言われています。
味噌にはビタミンB1が含まれているので、味噌汁に長ねぎを入れると『効率よく脂肪を燃焼できる食べ物』になりますね。

しじみ

しじみに多く含まれている『オルニチン』。
オルニチンには脂肪を分解させる効果が期待できるため、ダイエット効果を高めることができます。

また、肝機能を活性化する効果があるため、お酒を飲んだ翌日の朝食にしじみ入りの味噌汁を食べるのもおすすめです。

より多くの満腹感を得るための味噌汁の具材

(画像引用元:http://noresoreaomoriya.jp)

ダイエットにおいては最大の敵ともいえる『空腹感』。
いくらカロリーが少ない食べ物を食べたとしても、過度に食べ過ぎるともちろん太ってしまいます。

正直なところ、味噌汁はメインをはれるおかずとは言い難いですね。

そんな味噌汁ですが、具材を工夫することで満腹感を高めることができます。

味噌汁の満腹感を高める具材として、

  • キャベツ
  • わかめ
  • キノコ類

それぞれ見ていきましょう。

キャベツ

キャベツには水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
前述していますが、水溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らむため、かなりの満腹感を得られます。

また、キャベツのシャキシャキ感によって咀嚼回数が増えるため、満腹感を得やすい具材と言えます。

さらに、味噌汁にキャベツを入れることで、キャベツのビタミンCや葉酸が味噌汁に染み出ます。
ビタミンCや葉酸は、女性にとって嬉しい美容効果が期待できるため、普段の味噌汁に入れるのもよいでしょう。

わかめ

味噌汁の具材としても定番のわかめ。
わかめをはじめとした海藻類は水溶性食物繊維が豊富です。

カロリーもほとんどないため、カサ増し具材としてピッタリの具材です。

キノコ類

キノコ類もまたカロリーが少なく、水溶性食物繊維が豊富なのでカサ増し具材として優秀です。

キノコ類の中でもおすすめなのは『なめこ』。
なめこには、ビタミンB1やビタミンDが含まれています。

ビタミンB1の効果は、長ねぎの項目でお話ししたように、脂肪を燃焼する作用があるのでしたね。
ビタミンDはというと、カルシウムの吸収を促進する効果があります。

ダイエットとカルシウムは関係がないように思われるかもしれません。

ですが、最近の研究では、カルシウムは基礎代謝の向上、脂肪をためこみにくい体をつくってくれる栄養素と考えられるようになってきました。

こういったことから、「ダイエットにカルシウムは欠かせない」と言う人も出てきたぐらいです。

カルシウムを吸収するためにもビタミンDが必要になるので、カルシウムとビタミンDはセットで摂るようにしましょう。

また、味噌の原料となっている大豆にはカルシウムが多く含まれています。

そのため、なめこと味噌汁は相性がいい具材なわけです。

味噌汁ダイエットの注意点

味噌汁ダイエットの注意点としては2つ。

  • 味噌汁の飲みすぎに注意する
  • 食事の最初に味噌汁から食べるようにする

一般的な味噌汁には、塩分が約1g入っていると言われています。
また、日本人の1日の塩分摂取量の目安は、成人男性で11.1g、成人女性で9.4gとされています。

何回もおかわりして味噌汁を飲むと塩分の摂りすぎになるので、1日1~2杯までにしておきましょう。
ちなみにですが、カップラーメンは塩分が5g、塩鮭で4gもあるので、味噌汁の塩分は比較的少ない部類に入ります。

また、味噌汁から食べ始めることをおすすめします。

味噌汁といった汁物系は満腹感を得やすいので、食べ過ぎ・早食いを自然と防ぐことができます。

味噌汁ダイエットのまとめ

(画像引用元:suyakame.com)

味噌汁ダイエットについても少し長くなったので、ここらで一度まとめておきます。

味噌汁のダイエット効果

  • 便秘解消の促進
  • 脂肪燃焼の促進
  • コレステロールの除去や脂肪の吸収の抑制

味噌汁ダイエットの方法

朝食、もしくは、夕食時に味噌汁を食べる。
(朝食に味噌汁を取り入れると、消費カロリーがより大きくなりやすい)
味噌汁から食べるようにすると満腹感を得られやすい。

味噌汁ダイエットの注意点

塩分の摂りすぎに注意する。

スポンサードリンク

吉岡里帆さんのダイエット:タンポポ茶を飲む

(画像引用元:kami-shoku.com)

吉岡里帆さんは普段からタンポポ茶を飲んでいるそうです。

タンポポ茶は妊婦さんが飲むものというイメージがありますが、実はダイエット茶としても優秀なお茶です。

タンポポ茶がダイエットに効果的な理由として、

  • むくみ解消
  • 代謝の促進
  • 腸内環境の正常化

といったことが挙げられます。

むくみ解消

タンポポ茶を飲むことで体内の余分な水分を排出しやすくなり、むくみの解消が期待できます。

タンポポ茶に含まれている『イソクエルシトリン』は優れた利尿作用を持っています。
利尿作用があるということは、体に溜まった余分な水分を排出してくれるというわけです。

タンポポ茶の利尿作用の効果は『おねしょのハーブ』と言われるほど。
(ネーミングはどうかと思いますが。。。)

そのため、むくみが気になる人、水太りしている人には特におすすめです。

代謝の促進

タンポポ茶は体を芯から温めてくれるため、代謝を向上してダイエット効果が見込まれています。

タンポポ茶は毛細血管を流れる血液の循環をよくするため、体のすみずみまで血液を届けやすくなります。
血液が全身を巡ることで体が温まるので、冷え性の改善にもタンポポ茶が注目されています。

そして、冷え性が改善されると、肩こりや腰痛・頭痛も解消されることも多いため、精神的にも身体が軽くなったと感じられるでしょう。

また、タンポポ茶には『コリン』という成分が含まれています。

コリンは『脂肪燃焼』効果があるとダイエット界からも注目されている成分です。(コリンを用いたサプリも出ています)

つまり、体を温めるのと同時に脂肪も燃焼し、脂肪がつきにくい体質へと導いてくれるわけですね。

腸内環境の正常化

タンポポ茶は腸内環境を正常化し、便秘解消の効果が期待できます。

タンポポ茶に含まれる『イヌリン』が腸を整える効果があると言われており、『タラキサシン』は消化機能をサポートする効果があると言われています。

腸内環境が正常になれば体内の余分な物質の排出がスムーズにできるようになりますし、利尿作用によって余分な水分も排出できますね。

つまり、タンポポ茶はダイエットはもちろんのこと、『身体のデトックスに優れている健康茶』というわけです。

また、タンポポ茶は、ホットで飲むことをおすすめします。
なぜなら、ホットのタンポポ茶を飲むことでより体を温めることができ、代謝の促進を効果的に行うことができるからです。

注意として、タンポポ茶の利尿作用によって、トイレがとても近くなります。
トイレに行けないような状況になることが事前に分かっているのであれば、その前は控えるようにしましょう。

スポンサードリンク

吉岡里帆さんのダイエットまとめ

(画像引用元:youtube.com)

長々とお話ししてきましたので、最後にまとめます。

吉岡理穂さんのダイエットの3つのポイントは、

  • フルーツを主体とした食事をとる
  • たくさんの野菜を入れたお味噌汁を食べる
  • タンポポ茶を飲む

でしたね。

それぞれの方法にダイエット効果は期待できますし、食事を見直すことで体の内側からキレイにしていくことができます。

今回ご紹介した方法を全て完璧にこなす必要はありませんが、あなたの目標とするスタイルやあなたの都合に合わせて取り組んでいってくださいね。

もし、吉岡理穂さんのダイエット方法を複雑なことを考えずにやってみたいと思ったのであれば、朝食を『りんご』と『味噌汁』のみにして、普段からタンポポ茶を飲むようにするとよいでしょう。

早い人であれば、1週間あれば効果を実感できてくると思いますよ。(もちろん、継続することは大事ですが。)

それでは、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

他の女優さんのダイエット方法についてもまとめているので、是非以下も参考にしてください。

他の女優さんのダイエットについて見てみる