新着記事

[1週間で89%の方がコロコロ便秘解消]干し柿オリーブオイルの作り方&食べ方【ジョブチューン】

お通じの回数はまだあるけれども、『硬く小さい丸型のコロコロの便しか出ない』ことは ...

[世界一受けたい授業]はちみつ牛乳で便秘解消。お腹が張る便秘を5日間で改善した飲み物の作り方と飲み方。

多くの日本人女性が悩まされている便秘ですが、便秘になるとお腹が張るのでとても苦し ...

[世界一受けたい授業]肩こりを30秒で解消する骨ストレッチのやり方【動画あり】

日本人の70%以上の方が経験していると言われている『肩こり』。 今では『肩こりは ...

[ジョブチューン]きなこヨーグルトで便秘解消。1週間で1日1回のお通じが来るようになった食べ物。

日本人女性の70%以上の方が悩まされている『便秘』 トイレ行った後もスッキリしな ...

[世界一受けたい授業]シソが持つ9つの効果。鼻炎アレルギー以外にも効くシソのレシピ。

今年の花粉の猛威はまだまだおさまる気配がありませんが、少しでも鼻の症状をおさえた ...

[1週間で89%の方がコロコロ便秘解消]干し柿オリーブオイルの作り方&食べ方【ジョブチューン】

2018年4月7日

お通じの回数はまだあるけれども、硬く小さい丸型のコロコロの便しか出ないことはないですか?

例えお通じの回数があったとしても、コロコロの便しか出ないのであれば重度の便秘なのです。

コロコロ便秘を放置すると、

  • 腸壁を傷つけてしまう
  • 痔になってしまう
  • 体に毒素を溜め込んでしまう

といった悪影響を及ぼし、頭痛・めまい・吐き気・むくみなどの症状を引き起こすこともあります。

この記事では、そんな『コロコロした便しか出ない便秘に悩んでいるあなた』に、『便のカサを増やしてスムーズなお通じがくるようになる便秘解消方法』についてお答えします。

ここで紹介するのは、ジョブチューンで紹介された便秘解消の食べ物であり、1週間モニターした結果、9人中8人の方の便秘が解消した方法です

一般的なスーパーで手に入るものでお手軽な作れるので、是非試してみてください。

スポンサードリンク

ジョブチューンで紹介された『干し柿オリーブオイル』がコロコロ便秘を解消する

(画像引用元:rootsimple.com)

ジョブチューンで紹介されていた、コロコロ便秘を解消するのに効果的な食べ物は『干し柿オリーブオイル』になります。

まずはその作り方と食べ方について見ていきましょう。


干し柿オリーブオイルの作り方

準備するものは以下の2つです。

  • 干し柿(1日分で2~3個)
  • オリーブオイル(1日分で大さじ1杯)

上記のものを揃えたら、以下のステップで干し柿オリーブオイルを作っていきましょう。

Step1

干し柿にオリーブオイルをかける

Step2

食べる


作るというレベルではないほど簡単にできますね。

このように作った『干し柿オリーブオイル』を、1日の好きなタイミングでいいので食べるだけです。

朝に全部食べるもよし、朝と晩の2回に分けて食べるもよし。

ですが、もし、あなたがコロコロ便秘が酷いと感じているのであれば、干し柿オリーブオイルを夕食後に食べることをおススメします。

その理由は、腸が活発に動き出すのが22時~2時の寝ている時間であり、その前に干し柿オリーブオイルを食べることで、腸のぜん動運動をより活発化させることができるからです。

とはいえ、干し柿もオリーブオイルも、以下のようにカロリーは決して少なくはないです。

干し柿1個(37g):約102kcal
オリーブオイル大さじ1杯:約111kcal

仮に干し柿を3つ食べるとしたら、あわせて400kcal以上をとることになります。

なので、夕食の量を考慮して干し柿オリーブオイルを食べるようにしてください。

また、干し柿オリーブオイルは多くても1日3個までに抑えるようにしてください。

過剰に干し柿オリーブオイルを食べると、お腹を下して腸内環境を悪化させてしまうことがあります。

干し柿オリーブオイルがコロコロ便秘解消に効果的な理由:豊富な食物繊維で便のカサを増やし、排出しやすい便を作る

(画像引用元:nobowiepani.pl)

干し柿とオリーブオイルのみでできる『干し柿オリーブオイル』ですが、コロコロ便秘解消に効果的な理由は、それぞれの成分にあります。

干し柿は『便のカサを増やす』のに効果があり、オリーブオイルは『排便しやすくなる』効果があるのです。

それぞれについて見ていきましょう。

コロコロ便秘を解消:干し柿は食物繊維が豊富で便のカサを増やす

干し柿には豊富な不溶性食物繊維が含まれているため、便のカサを増大化させて、コロコロ便秘を解消することができます。

100gあたりの干し柿には、

  • 水溶性食物繊維が1.3g
  • 不溶性食物繊維が13g

が含まれており、不溶性食物繊維に関しては、食材の中でも豊富な部類に入ります。

また、1日の摂取目安として、それぞれ以下のように設定されています。

<男性>
1日の不溶性食物繊維の摂取目安量:14g
1日の水溶性食物繊維の摂取目安量:7g

<女性>
1日の不溶性食物繊維の摂取目安量:12g
1日の水溶性食物繊維の摂取目安量:6g

つまり、干し柿を100g食べることで、1日に必要な不溶性食物繊維はほとんど摂ることができるわけです。

ですが、不溶性食物繊維を過剰に摂りすぎると、水分の少ない硬い便を作ることになってしまうので、詰まる原因となり便秘を引き起こします。

そういった理由もあり、干し柿以外の食材からも不溶性食物繊維を摂ることから、冒頭でお話ししたように、干し柿オリーブオイルは最大でも1日3個におさえた方がよいというわけです。

一方、水溶性食物繊維は便を柔らかくする効果があるため、便秘解消には効果的な成分の一つです。

干し柿で便のカサが増えたとしても、排便しにくくなってしまったら元も子もありません。

ですが、その点を解消するのがオリーブオイルになります。

コロコロ便秘を解消:オリーブオイルのオレイン酸が排出しやすい便を作る

オリーブオイルには『オレイン酸』が含まれており、オレイン酸が便秘解消に効果があるとされています。

オリーブオイルには、

  • 便に水分を含ませて排出しやすい便を作る
  • 腸のぜん動運動を活発化させて便を押し出す

といった効果があります。

便に水分を含ませて排出しやすい便を作る

オレイン酸は小腸で吸収・消化されにくい性質を持つため、形状があまり変わることなく大腸へと運ばれます。

大腸で便とオレイン酸が混ざり合うわけですが、通常の水分ではなくオイルと混ざり合うことになるため、オイルのような粘りを持った便が作られることになります。

オイルがヌルっとするのはあなたもご存じでしょうが、便もそのような状態になるのです。

そのような便であれば、水分が少ない便に比べてとても排出しやすくなるのは明らかですね。

つまり、オリーブオイルは『便の潤滑油』のような役目をしてくれるのです。

腸のぜん動運動を活発化させて便を押し出す

オレイン酸は腸の細胞を刺激するため、腸のぜん動運動が活発化されます。

腸のぜん動運動は当サイトでも何回も触れていますが、腸に運ばれた食材を肛門の方へと移動させるために必要不可欠な運動です。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、排出しやすい便を作りながら排便を促すという作用があるため、便秘解消にはとても効果的なのです。

オリーブオイルにはこのような便秘解消効果が期待できるのもあり、オリーブオイルの生産国として有名なイタリアでは、子供のときから便秘予防としてオリーブオイルを飲ませている家もあるようです。

スポンサードリンク

コロコロ便秘解消をさらに効果的にするためのポイント

干し柿オリーブオイルでコロコロ便秘が解消できることはここまでお話ししてきましたが、さらに効果を高めるためのポイントについてお話ししていきます。

そのポイントとは、

  • エキストラバージンオリーブオイルを使う
  • 便秘を解消する体操を行って外からも刺激を与える

の2点になります。

それぞれについて見ていきましょう。

コロコロ便秘解消:エキストラバージンオリーブオイルを使う

一言でオリーブオイルと言えど、オリーブオイルには種類があります。

日本では販売されているオリーブオイルは、

  • エキストラバージンオリーブオイル
  • ピュアオイル

この2種類になります。

スーパーなどでオリーブオイルを見かけると思いますが、エキストラバージンオリーブオイルと書いていないものがピュアオイルだと思っていただければ大丈夫です。

この2つのオリーブオイルにおいて、便秘解消に高い効果が見込めるのは『エキストラバージンオリーブオイル』なのです。

なぜなら、エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実をそのまま絞ったものであり、加熱や化学的な処理が施されていないからです。

そのため、ピュアオイルに比べて抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれ、腸の整腸作用も高いというわけです。

欠点しては、エキストラバージンオリーブオイルは、『味にクセがある』のと『やや値段が高め』ということです。

ピュアオイルは人の手による加工が入っているため、味のクセが少なくてあっさりしており、食べやすくなっています。

エキストラバージンオリーブオイルは、『生のオリーブ』だけあってクセ(辛みや苦み)があるため、味が苦手という方も。

また、値段は様々なものがありますが、全体的にはピュアオイルよりもエキストラバージンオリーブオイルの方がやや高価になっています。

ピュアオイルであっても、便秘解消の効果が全くないわけではないので、あなたの好みに合わせて選んでくださいね。

もし、エキストラバージンオリーブオイルにしようと思ったのであれば、その選び方に少し注意が必要です。

それは、偽物のエキストラバージンオリーブオイルが販売されているということです。

オリーブオイル生産国として有名なイタリアでは市販のエキストラバージンオリーブオイルの70%以上が偽物と言われています。

そのような偽物のエキストラバージンオリーブオイルが日本にも輸入されているのです。

この事実が2016年に発覚しているのですが、日本での検査基準では、偽物と呼ばれるエキストラバージンオリーブオイルの輸入を防ぐことができません。

そのため、エキストラバージンオリーブオイルを選ぶときは、以下の点に注意するようにしましょう。

  • 他のエキストラバージンオリーブオイルよりも異様に安いものは選ばない
  • 容器が透明な瓶やペットボトルに入っているものは選ばない
    ※エキストラバージンオリーブオイルは酸化しやすいので、密封された遮光性のある瓶に入れます。
  • 生産地が詳細に記載されていないものは選ばない
スポンサードリンク

コロコロ便秘解消:便秘を解消する体操を行って外からも刺激を与える

干し柿オリーブオイルを食べることで腸の中からアプローチをかけるわけですが、外からもアプローチをすることで便秘解消の効果を高めることができます。

参考動画を載せておきますので、是非試してみてください。

まとめ

では、最後に今回の話をまとめます。

  • 干し柿で『便のカサ』を増やし、オリーブオイルで『排出しやすい便』を作れるため、コロコロ便秘を解消できる
  • 干し柿にオリーブオイルをかけたものを1日に1~2個(最大でも3個まで)食べる
  • 干し柿を食べるタイミングは基本的にいつでもよいが、可能であれば夕食後
  • オリーブオイルには、エキストラバージンオリーブオイルとピュアオイルの2種類あるが、エキストラバージンオリーブオイルの方が高い便秘解消効果が見込める

コロコロの便しかでないのであれば重度の便秘です。

今回ご紹介した方法は、干し柿とオリーブオイルさえ準備すればお手軽にできるものなので、是非お試しください。

↓↓こちらの記事もおススメです↓↓

ジョブチューンで紹介された便秘を解消する『きなこヨーグルト』

世界一受けたい授業で紹介された便秘を解消する『はちみつ牛乳』