お米を〇〇で食べると、ダイエットのみならず美容にもなる。

2014年5月19日

近頃、お米を食べることでダイエットができる

「お米食べるダイエット」が話題を呼んでいました。

お米は食べるダンベル-001

ダイエットに着目されていますが

ある簡単な方法を加えることで、

胃腸を鍛え、体内からキレイになる美容効果もあるのです。

胃腸を鍛えて身につける胃腸力

胃腸はどのように鍛えればいいの?

胃や腸は、ほとんどが筋肉でできています。

その割合は何と、7割です。

 

「筋肉でできている」ということは、他の筋肉と同様な鍛え方が可能です。

ウェイトトレーニングをしたことがある方はご存知の通り、

マシンやバーベル、ダンベルを持ち、筋肉を動かして鍛えますよね。

ダンベル-001

同じように、胃や腸にダンベルなるものを持たせて動かすのです。

 

早とちりして、本当のダンベルを持たせないでくださいね。

それができるのであれば、あなたの胃腸はすでにムキムキですよ (笑)

 

ダンベルの役割を果たすもの、それは、口に含んだ食べ物であり、

よく噛むいう行為で、胃腸を動かして鍛えることができるのです。

 

噛むことがどのように胃腸を鍛えることにつながるのか

食べ物を噛むことで、消化液である唾液の分泌が多くなります。

唾液はアミラーゼと呼ばれる消化酵素を含んでおり、

アミラーゼが食べ物を糖に分解します。

咀嚼-001

つまり、唾液は食べた物を消化しやすい状態にしているのです。

 

唾液で消化しやすい状態にされた食べ物が胃に送られ、

胃の蠕動(ぜんどう)運動により、胃酸と食べ物が混ざりあり、消化していきます。

 

お気づきの方がいると思いますが、この蠕動運動が重要になります。

蠕動運動とは、簡単に言うと波のようにくねらせて動くことを指します。

ミミズのような動きと言えばイメージしやすいですかね。

胃の蠕動運動-001

 

逆に、よく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうと、

唾液の分泌量が減るため、消化されていない状態で胃に運ばれてきます。

この状態では胃に負担がかかり、胃の調子が悪くなります。

そのため、蠕動運動がうまく行われなくなるのです。

 

胃の話ばかりになっていますが、腸も胃と同様に蠕動運動をします。

そのため、胃での消化が弱い場合、腸の蠕動運動がうまく行われなくなります。

 

 

筋肉を鍛えるためには、自分に適した重さでやることが重要です。

重すぎるウェイトでトレーニングしても、

かえって怪我をする可能性が高くなります。

 

これは胃腸でも同じことが言えます。

つまり、口に含んだ食べ物が消化されやすい状態というのが、

自分に適したウェイトなのです。

 

スポンサードリンク

お米が胃腸力強化にいい理由

以前、当ブログでお米が日本人に適しているというのをお話ししました。

以下でお話ししているので、よかったらご覧ください。

お米でダイエット。お米は日本人に適したダイエット食品!?

 

これも理由の一つではありますが、最大の理由は、

お米が「粒食」であるということです。

お米は粒食-001

同じ炭水化物でも、「粉食」のパンや麺類は、

あまりかまずに飲み込んでしまいがちです。

それに対し「粒食」のお米は、噛むことを自然に誘導してくれます。

 

ここで注意すべきなのは、白ご飯が一番望ましいということです。

 

同じお米であっても、お茶漬けや卵かけご飯、カレーなど、

汁気の多いものはかきこんでしまう傾向があります。

それでは元も子もありません。

 

お茶漬けはかきこんでこそおいしいのに!!

分かります (笑)

 

でも、「胃腸を鍛える」という点からみると、

かきこむ行為は厳禁なので、グッと堪えてくださいね。

 

お米で胃腸力を鍛えることで得れるもの

美肌を手に入れる-001

まず、胃腸力が鍛えられると、太りにくい体質を得ることができます。

胃腸の動きが活発になるため、消化吸収がよくなり、

余分なものを排出する力も高まります。

つまり、ため込みにくい体になります。

 

また、よく噛むことによって、唾液の分泌が促されます。

先程は触れませんでしたが、唾液には、

若返りに効果的といわれるホルモン「パロチン」が含まれているので、

アンチエイジング効果も期待できます。

 

さらに、お米は炭水化物というイメージが強いですが、

ビタミンB群やミネラル、食物繊維などもバランスよく入っているため、

肌質が改善され美肌につながるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

もう一度おさらいしておきますと、

胃腸は、お米をよく噛むことで鍛えることができます。

胃腸が鍛えられることで、以下の3つの効果を獲得することができます。

太りにくい体質になる

アンチエイジング

美肌

 

よく噛むことでいいことばかりを得られるので、

今後は、お米をよく噛んで食べていきましょう。

よく噛む-001

お米をよく噛むことができないという方に、一つアドバイスです。

お米を食べている間、噛んだ回数を数えてみましょう。

自ずと噛む回数が増えますよ。

 

ただ、数えることに集中しすぎてしまうと、

会話がなくなるので要注意です (笑)

 

 

ではでは、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。