【体臭予防は食事から】体臭悪化の原因となる食べ物

体臭は、身体の中から臭いを発するものが多いです。
そういった体臭のもととなるのは、なんらかの病気が原因の場合もありますが、
それ以外は基本的に『食事』が原因となっている方が大半です。

私たち人間は、食べたものをエネルギーに変換して生きていますから、
身体そのものが食べたものから作られていると言えますね。

つまり、『体臭悪化の原因は食事にある』ということになります。

では、いったいどのような食事が体臭悪化の原因になるのでしょうか。

体臭を悪化させる原因となる食事についてまとめました。
あなたの体臭を悪化させている食事がないか、確認してみてください。

スポンサードリンク

体臭を悪化させる原因をつくっている食事とは

体臭悪化の原因になりうる食事として、

  • 香りの強い香辛料
  • お肉や乳製品
  • アブラナ科の野菜
  • 食品添加物

が挙げられます。

それぞれについてみていきましょう。

香りの強い香辛料を食べると体臭が悪化する

ニンニクやキムチなど、強い香りや味のする香辛料。
これらは非常に体臭を悪化させます。

あなたは、日々の食事に香辛料をたくさん使用する国(インドなど)へ行ったことはありますか?
失礼ながら、香辛料を多く使用する国の方々は体臭も非常に強いです。
やはり、香辛料をたくさん食べると、体臭が悪化するというわけです。

私たち日本人は、強い香辛料の食事ばかり食べるという方は少ないので、
香辛料の食べ過ぎが体臭の原因になっているとは言い切れません。

ですが、にんにく、キムチ、ニラ等々、味も香りも強い食品を好きな方は多いです。

もし、あなたが体臭について気を付けているのであれば、
このような香辛料は少し控えめにするなり、食べる間隔をあけるなりするとよいでしょう。

お肉や乳製品を食べ過ぎると酸っぱい臭いに

お肉や乳製品を食べ過ぎると、汗や息が酸っぱい臭いを放つようになります。
これは、お肉や乳製品に含まれる『動物性タンパク質』が原因になっています。

日本人にはあまり多くない種類の体臭なので、
ひどく嫌な体臭というわけではなく、『なんか変な臭い』と感じるような体臭です。

さらに、タンパク質が分解される過程で、『アンモニア』という物質が発生します。
本来は、アンモニアは肝臓で尿素になり、尿として排出されますが、
肝臓や腎臓弱っていたり便秘が続いていたりすると、アンモニアが血液中に混ざってしまい、
結果、汗や息のニオイとしてアンモニアは放つことがあります。

また、動物性タンパク質を多く含むお肉やチーズ、バターなどの乳製品には、
体臭の原因となる『脂肪』がたくさん含まれています。
脂肪を過剰に摂りすぎることで、過剰な脂肪が血液によって運ばれ、
皮脂腺などから外部に排出されてしまい、体臭の原因になります。

タンパク質や脂肪は生きていくうえで重要なエネルギーとなるので、
これらの成分を摂らないことはムリです。
体臭が気になる場合には、お肉や乳製品を食べ過ぎないようにしましょう。

スポンサードリンク

ブロッコリー・キャベツといったアブラナ科の野菜が体臭の原因に

「野菜が体臭につながるなんて」と意外に思うのではないでしょうか。

アブラナ科の野菜として、

  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • 白菜
  • 大根
  • 小松菜
  • …etc

などなど、たくさん存在します。

こういったアブラナ科の野菜は栄養が豊富で、身体に蓄積された老廃物も排出してくれます。
ですが、アブラナ科の植物には、『硫黄化合物』という物質も含んでいます。
硫黄化合物は鼻をさすような強い刺激臭があり、お腹にガスが溜まりやすくなります。
そして、硫黄の臭いが汗などと一緒に排出されてしまい、悪臭へとつながってしまいます。

しかし、ブロッコリーといった栄養がたくさんあるものは積極的に摂りたいものですよね。

その点はご安心を。

こちらもお肉類と同じで、よほどの量を食べない限り、悪臭を放つまでには至りません。
基本的に、6時間程度(消化が完了するまで)で消えてしまう臭いなので、
一度の食事で大量に食べないようにだけ注意しましょう。

食品添加物は加齢臭の原因に

食品を加工したり保存したりするために使用される食品添加物。
食品添加物を大量に含む食品を食べ続けると、『加齢臭』が発生してしまいます。

最近では、インスタント食品、レトルト食品、ファストフードなど、
簡単に作れて美味しいものが増えていますよね。
ですが、このような食品には、大量の食品添加物が使用されていることがあります。

食品添加物が体内に入ると、身体は食品添加物を『異物』として認識するのです。
食品添加物は化学的な物質であるので、異物として認識されるのは当然のことです。

私たちの身体は『活性酸素』を出して異物を排除しようとします。
活性酸素とは、身体にとって有害な物質を解毒したり、
ウイルスなどと戦ったりする非常に重要なものなのですが、
活性酸素が増えすぎると体内に蓄積されてしまい、他の細胞を攻撃するなど悪い影響があります。

活性酸素はウイルスや有害物質と戦った後の残骸のようなものなので、『身体のサビ』とよく言われます。

この身体のサビが増えると身体を構成する成分までもが酸化されます。
特に、皮脂が酸化されることで、悪臭を放つようになってしまいます。

この臭いこそが『加齢臭』と呼ばれるものです。

食生活が欧米化し食品添加物を含む食事が多くなっている現代では、
若い人でも『加齢臭』を放つ可能性は十分にあるので、なるべく控えるようにしましょう。

身体のサビを取り除き体臭を改善する成分とは?

体臭改善の第一歩:食生活を見直してみよう

体臭は食事内容に大きく影響されます。
特定の食べ物を多く食べすぎたり、偏った食事を続けていると、体臭を悪化させる原因になります。

もちろん、食事は生きていく上で欠かせないことですし栄養バランスが一番。
体臭を優先した食事にするのはおすすめすることはできません。

ですが、あなたが気づいていないだけで、「実は偏った食事をしている」ということも珍しくありません。

1度普段のあなたの食生活を見直して、体臭を悪化させている原因がないかを確認してみてください。

スポンサードリンク

体臭

Posted by mosmos