ルイボスティーの効能、飲むだけで不妊やむくみを解消

2016年2月15日

ルイボスティーを飲んだことがありますか?

ルイボスティー-効能

実はこのお茶、不妊、むくみ、ダイエット、安眠、etc。。。

体質改善効果が素晴らしい、「奇跡のお茶」なのです。

ルイボスティーとは?

ルイボスティーは、ルイボスと呼ばれるマメ科の植物の葉を乾燥させて作る飲み物です。

ルイボスティー-効能-ルイボスの葉

原産地は南アフリカで、健康茶としては300年以上の歴史があります。

「奇跡のお茶」、「不老長寿のお茶」と呼ばれる程の定評があり、

性別を問わず注目を浴びているお茶です。

ルイボスティー-効能-茶葉

さて、大げさとも思える異名を持つルイボスティーですが、

一体どんな効能があるのでしょうか。

不妊治療

妊娠のプロセスをお話しすると、AMH、FSHといった、

名前のホルモンが出てくるので、細かい話は割愛しますね。

僕は難しい話が嫌なのです!!笑

 

簡単に言えば、ルイボスティーの持つ抗酸化作用が鍵となります。

抗酸化作用とは、余分な活性酸素を除去する機能のことです。

ルイボスティー-効能-不妊治療

さて、活性酸素とは何ぞや?と思いの方もいるかもしれません。

でも、活性酸素にも種類があり、難しい話になるので割愛します。

これもまた、僕のわがままです。笑

 

一般的には、活性酸素を「身体のサビ」と言うようなので、

「身体をサビさせるもの」というように捉えてください。

ルイボスティー-効能-活性酸素

ちなみに、活性酸素は生きていくうえで必ず発生するものなので、

避けては通れぬものなのです。。。

 

では、妊娠と活性酸素の関わりに話を戻しますね。

妊娠するためには活性酸素は必要です。

 

・・・ん?ちょっと待てと。

身体のサビが必要なのかですと?

 

誤解のないようにお伝えしますと、

適度な量の活性酸素があると妊娠しやすい身体になるいうことです。

ルイボスティー-効能-不妊治療-効果

不妊の原因は様々ありますが、原因の多くは、

活性酸素の過剰な発生と言われています。

 

つまり、不妊の原因とは、活性酸素が余分に発生しすぎて、

ホルモンのバランスが崩れて妊娠しにくい身体になってしまう、ということです。

 

さて、先ほどお伝えしたように、ルイボスティーに含まれる抗酸化作用は、

余分な活性酸素を除去する作用を持っています。

 

ここまでお話しすればもうお分かりでしょうが、

ルイボスティーを飲むことで活性酸素を適度な値になるため、

不妊治療にも効果があるということです。

ルイボスティー-効能-不妊治療-抗酸化作用

ミネラル豊富でノンカフェイン

ルイボスティーは、生殖能力を高めるミネラルを豊富に含んでいます。

日本では、13の元素をミネラルと定めています。(wikipediaより)

 

ミネラルの中でも、ルイボスティーには、亜鉛、カリウム、マンガンを多く含んでおり、

これらのミネラルは、生殖器官の発達・維持に大きな役割を持っています。

栄養素の面から見ても、不妊治療にいいことが分かりますね。

ルイボスティー-効能-不妊治療-ミネラル

また、ノンカフェインというのも、ルイボスティーのよいところです。

 

カフェインを習慣的に摂取すると、肝臓などに大きな負担を与えます。

カフェインといえばコーヒーを連想しますが、紅茶、緑茶といった、

普段からよく飲むものにもカフェインは含まれています。

 

カフェインは興奮剤の一種とも言われており、

赤ちゃんが摂取すると、情緒不安定になりやすく、

夜泣きの原因にもなるようです。

 

また、妊娠中にカフェインを摂取した場合、

胎児にも胎盤を通過してカフェインが摂取されてしまい、

流産、早産、出生体重児にもつながる恐れがあります。

ルイボスティー-効能-ノンカフェイン

つまり、ノンカフェインであるルイボスティーは、

赤ちゃんや妊婦さんが飲んでも副作用はなく、

身体に優しいお茶であると言えます。

 

その他の効能

ここまでにお話ししたように、

抗酸化作用、豊富なミネラルを持つルイボスティーは、

不妊治療だけではなく、以下のような効能も得られます。

 

  • アンチエイジング
  • むくみ防止
  • 便秘改善
  • アレルギーの緩和

 

・・・「奇跡のお茶」と呼ばれる訳ですよ。

ルイボスティー-効能-奇跡のお茶

ルイボスティーを上手に飲むには

さて、ここまででルイボスティーにご興味を持たれた方、

ここが一番大事なところなので、是非ゆっくり読んでください。

 

あっ、「茶葉? or ペットボトル?」のお話は、

かなりの雑談なので、サラッとでいいですよ。笑

 

茶葉? or ペットボトル?

まず大きく分けて、ペットボトル茶葉か、ここからですよね。

だいたい予想つくと思いますが、ペットボトルよりも、

茶葉の方が断然お勧めです。

ルイボスティー-効能-茶葉-圧倒的

ペットボトルの方を完全に否定する訳ではありませんが、

茶葉から作った方が圧倒的に効能が違います。

証人は、僕の妻です。

 

 

「お前ちゃうんか!」というツッコミはなしでお願いしますね。笑

 

 

ここからは実談を交えてお話ししますね。

 

妻は足のむくみに悩んでいて、どこからかルイボスティーの情報を聞き、

まずはお手軽なペットボトルの方を試していたようです。

でも、2週間程飲んでも、あまり効果なしだったようで。。。

ルイボスティー-ペットボトル-効果なし

500ml当たりの単価は高いわ、

ペットボトルのゴミは増えるわ、

効果あんまりないわ、

 

と、愚痴られました。。。笑

 

愚痴られたんで、「んなら茶葉にしたら?」と提案したら、

「言われんでも茶葉にする!!」ですって。。。

 

何で僕が悪者扱いなん?

・・・僕の愚痴は置いといて。笑

 

茶葉からの作成に変えてから一週間。

妻曰く、「ルイボスティー、すごい!!」だそうです。

ルイボスティー-効能-茶葉-驚き

「情緒不安定か!」とツッコミたかったですが、

えらい嬉しそうだったんでできず。。。

 

余程効果あったんでしょうね。

「むくみがない~」とはしゃいでました。

 

 

前置きが長くなりましたが、妻の実体験からの結果、

茶葉の方が効能が高いのに安価で家計にも優しいとのことです。

 

身体にも、家計にも優しい。。。さすがは「奇跡のお茶」ですね。笑

茶葉の選び方

妻の話を聞いて僕もちょっと気になったので、

茶葉について調べてみました。

 

 

わぉ。

種類が豊富で、お値段もピンキリです。。。

ルイボスティー-茶葉-種類

この中からどれを選べばいいんや・・・

 

口コミを色々と見ましたが、

「お値段高い=効果が高い」という式は成り立たないようです。

 

調べる内に「あること」が分かったので、それについてお話しします。

・・・脱線しすぎかな?

 

基本的に品質がよい茶葉しか売られていない

種類が豊富なルイボスの茶葉ですが、

冒頭でお話ししたように、原産国は南アフリカです。

 

つまり、日本で販売されているルイボスティーのほとんどは、

輸入されている茶葉ということです。

 

南アフリカで栽培された輸出用のルイボス製品は、

南アフリカ政府の厳しい検査を通らなければ輸出できません。

ルイボスティー-効能-輸出-検査

南アフリカ政府の検査って軽いんちゃうん?

 

僕は勝手なイメージでそう思っていましたが。笑

意外にも厳しい検査が義務づけられているようです。

 

農薬、化学物質、金属、バクテリア、不純物、etc…

輸出食品に含まれる最大残留基準に違反していないもののみ、

輸出することが許されています。

 

このように、厳しい検査を乗り越えたルイボスさんのみが来日しており、

品質の高いルイボスが輸入されていることが分かります。

ルイボスティー-効能-高品質

ただ近年では、輸入した茶葉を日本でパッケージングし、

プレミアム感溢れる商品として売っているところもないとは言えないようで。。。

購入の際にはお気をつけてください。

 

・・・僕が「是非これを!!」と勧めれればいいのですが、

人それぞれ効果の感じ方は違うので、断言できかねます。

力及ばず申し訳ありません。

 

なので、僕の妻のように、お試しから入る場合は、

ごく普通のスーパーで売っているものから入ることをお勧めします。

 

伊藤園からこういったものも出ていますし、お試しにはよいかと。

もちろん、茶葉のほうですよ!!

ルイボスティー-効能-市販

ただ、これはなんか薬っぽい味がしましたね。。。

良薬は口に苦しなのか・・・?

 

茶葉の出し方が重要

茶葉があれば水orお湯で出せばいいか~

 

って、甘いですよ!!

この茶葉の出し方が明暗を分けるといっても過言ではないのです!!

ルイボスティー-効能-出し方-重要

先にお話しした一番大事なところというのは、

この茶葉の出し方です。茶葉の出し方です。

 

重要なことなので、2回言いました。笑

 

ではどんな出し方がいいのか、それについてお話ししていきます。

 

ルイボスティーの最高の出し方とは

もったいぶらずに、結論をお話しします。

 

ルイボスティーの最高の出し方は、

茶葉を10分煮出し、ティーバッグを浸したままにしておくことです。

ルイボスティー-効能-煮出す

・・・10分って、少し手間ですよね。

でも、これを聞けばそんな手間なんてなのそのと思うはずです。

 

10分以上煮出したものは、5分以下煮出したものに比べ、

抗酸化作用がはるかに強くなるという結果が出ているのです!!

ルイボスティー-効能-煮出す-驚愕

煮出す時間が短いと、ほんの少し期待できるかな。。。程度の効果しかないようで。

 

また、ティーバックを浸したまま、というところも重要です。

煮出した後、浸したままにするということは、

冷ましている間もティーバッグを浸していることになりますよね。

 

この浸したまま冷ますという行為が、抗酸化作用を更に高めるのです。

マジでか?と思うような話ですが、実験結果による本当の話です。

ルイボスティー-効能-冷ます

なので、妻は、ルイボスティーの茶葉を10分以上煮出して、

ティーバッグ毎水筒に入れ、冷蔵庫に保管していました。

(というか、今も置いてあります。。。)

 

そして仕事の時に、冷蔵庫から取り出して持っていく、

というようにしていますね。

 

ルイボスティーには殺菌作用もあるので、

夏でも数日間は問題ないため、上記のようなやり方をすれば、

最も効果的かつ効率的じゃないかなと思います。

 

[ad#middle]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

・・・何やら脱線して長文になってしまいました。。。

ここまで読んで頂いて、本当にありがとうございます。

 

「奇跡のお茶」と呼ばれるに値するほどの効果を持っています。

ただ、ここまでお勧めしているのですが、一つだけ難点があります。

 

 

それは、「

 

 

こればかりは、どうしようもないですがね。

僕は妻の作ったものを分けてもらっているのですが、

まだ僕の好みの味のルイボスティーには巡り合えていません。。。

 

とはいえ、ちょっぴり一工夫するだけで、味は変えれますし、

この夏、いや、季節を問わず、ルイボスティーを試してみてはいかがでしょうか。

 

えっ?

じゃあ僕も工夫して自分好みのルイボスティーを作れですって?

残念ながら、我が家のキッチン利用の権限は僕にはないのですよ。。。笑

 

 

ではでは、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

追伸

おススメできるルイボスティーが登場しました。

おススメ!ノバテックのルイボスティー

[ad#bottom]